デジタルサイネージソリューション事業

デジタルサイネージとは

ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って、情報を発信するメディアの総称で、映像による電子看板です。
電子看板という言葉に代表される「屋外の大型画面による広告」が一番に想起されますが、近年は質・運用方法の進化から様々なところで使用されております。今や、街頭の大型ビジョンや駅や空港、ショッピングモールはもちろん、エレベーターや小型店舗、大学、ホテル、病院などにもデジタルサイネージは急速に広まっており、デジタルサイネージなくしては商売はなしえない時代に突入したと言えます。

デジタルサイネージイメージ1

最たる特徴

① 輝度数(光量)が高い

TVやノートPC画面よりも1.5~10倍程度明るい為、購買意欲の向上と、従来視認できなかった屋外晴れの日に遠くからでも高い視認性を発揮します。

右の写真を一目見てわかる通り、輝度数の違いで視認性が大幅に違います。屋内で輝度数が違うと購買意欲が高まります。屋外に出ますと、450cdでは太陽光に負けてほとんど見えなくなりますが、高輝度モデルの1,200cdだと晴れの日でもしっかりと広告が見えます。

※TVやノートPC画面は最大輝度数は250~350cd前後が多いです。

デジタルサイネージ屋内屋外イメージ

② 豊富な情報量でメリット大

従来の看板や紙のポスター、ポップ、チラシと違いリアルタイムでの情報発信ができ掲載できる情報量も豊富です。今までの制作したポスター、ポップ、チラシも編集してデータ化すれば配信することが可能です。
時間やコストも大幅に削減でき、尚且つ、ユーザーの欲しい情報をリアルタイムに発信できるのが「デジタルサイネージ」の最大のメリットの一つです。
また、ネットワークに接続することにより遠隔で配信コンテンツの更新ができ、配信日程や時間のスケジュール管理もできて大変便利です。

デジタルサイネージイメージ2

商品ラインナップ

  • H-white

    <32inch・43inch屋内サイネージ(輝度450cd/㎡)

    H-white
  • 屋外サイネージ:壁掛け・独立タイプ

    55inch屋外サイネージ(輝度2,500cd/㎡)

    55inch屋外サイネージ
  • OG32CPS

    32inch屋外サイネージ(輝度1,200cd/㎡)

    OG32CPS
  • ウインドウサイネージ

    55inch屋内広告用サイネージ(輝度2,500cd/㎡)

    ウインドウサイネージ

※他サイズ、多種ラインナップあります。詳細は気軽にお問い合わせください。