LEDビジョン事業

LEDビジョンの仕組み

LED球

①.LEDビジョンフルカラーは、赤色、緑色、青色の3色のLED電球を使用しています。
【3色のLED電球ひとかたまりの最小単位=1ピクセル】

②.「ピクセル(LED電球)」が集まって、タイル状の小さなパネル(ユニット)を構成します。

ユニット

③.パネルを組み合わせることで大きな画面を構成しLEDビジョンの完成です。なお、パネル(ユニット)の組み合わせ方次第でサイズやデザインは自由自在に製作できます。

LEDビジョン

画質

■LEDビジョンを構成するLED電球同士の距離を【ピクセルピッチ】と言います。
例)LED電球が10mm離れていれば【10mmピッチ】、20mm離れていれば【20mmピッチ】
1つの面積の中で使用するピクセル数(LED電球)が多い程、高解像度(高画質)になります。
一般的に大型ビジョンにおける画質の良し悪しは、【ピクセルピッチの大小】で表現します。
■高解像度→ピクセルピッチは小さくなる→ピクセル数が多くなる→価格が高額になる。

ピクセルピッチイメージ図

ピクセルピッチイメージ図

視認距離について

大型LEDビジョンの選び方のポイント

最も大きな選び方のポイントとなるのが、「LEDビジョンから、見る場所までの距離(視認距離)」です。
「視認距離」はLEDの「ピクセルピッチ」と密接に関係があり、どのメーカーの大型ビジョンも、このピクセルピッチを最も重要なスペックの1つに位置付けられています。

「視認距離」よりも近い場所で映像を見ると粗く見え、「視認距離」よりも遠い場所で映像を見ると、キレイに見えます。

視認距離とは

ピクセルピッチ比較事例

ピクセルピッチ比較事例