最近、駅構内やショッピングモールだけでなく、様々な場所でデジタルサイネージを見かけるようになりました。病院・介護施設や、小売店の店頭、大学や図書館といった公共施設などでも、デジタルサイネージが活躍しています。商品の訴求ポイントをわかりやすく表示するスタンド型だけでなく、ユーザーが必要な情報を検索できるようディスプレイがタッチパネルになったデジタルサイネージも登場し、活躍の幅が大きく広がっています。この記事では、屋外・複合施設・公共施設でのデジタルサイネージの活用例について、千葉のデジタルサイネージ会社であるホロ株式会社が解説します。デジタルサイネージの導入に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

小売店・交通機関など屋外でのデジタルサイネージ活用例

顔認識の解説画像

多くの人が行き交う屋外は、広告の設置場所としても人気です。大量の広告に埋もれないためには、ユーザーの注目を集めやすいデジタルサイネージが効果的です。

「顔認識」でユーザーに合わせた広告を

最近増加しているのが、顔認識機能でユーザーを分析し、その人が興味を持ちそうな広告へ自動的に切り替えるデジタルサイネージです。たとえば、若い女性が多ければ化粧品やアパレルの広告へ、中高年のサラリーマンが多ければ居酒屋の広告へ切り替えます。利用客が多い駅構内などで効果的です。

「電子ポップ」で買い物客の購買意欲を促進

小売店の場合、店頭で電子ポップやデジタルサイネージを使い、購買意欲を促進する例が増えています。季節やトレンドに合わせ、商品の訴求ポイントをディスプレイに表示することで、買い物客の注意を引きやすくなります。

千葉のデジタルサイネージ会社「ホロ株式会社」は、スタンドやディスプレイの提供のほか、映像コンテンツの制作や店舗装飾までオールインワンで手掛けます。デジタルサイネージの導入なら、ぜひご依頼ください。

ホロ株式会社のデジタルサイネージソリューション事業について

ショッピングモールなど複合施設でのデジタルサイネージ活用例

買い物をする人

ショッピングモールなど、多くの店舗がある複合施設では、店舗やブースの場所を検索できるタッチパネル式のデジタルサイネージが活躍します。直感的な操作で「どこになにがあるか」がわかるため、ユーザーが施設内を回遊しやすくなります。同時にタイムセールの広告や、検索結果に関連した店舗の広告を出すことで、ユーザーの購買意欲を刺激し、売上アップにつながります。

千葉のデジタルサイネージ会社「ホロ株式会社」は、スタンド型など様々なサイズ・タイプのディスプレイをそろえています。店舗の売上アップなら、デジタルサイネージの導入を検討してみてください。

医療機関や福祉施設など公共施設でのデジタルサイネージ活用例

公共施設では、ユーザーが快適に施設を利用できるよう、映像でわかりやすく情報提示を行うためにデジタルサイネージが使われます。医療機関や福祉施設のデジタルサイネージは、施設の利用状況に加えて、医療情報・介護情報を来院者に表示するのが目的です。たとえば、病院の待合室にデジタルサイネージを設置し、待ち時間や案内状況を提示する活用例があります。また、インフルエンザの流行などに合わせて医療情報を表示すれば、効果的に注意喚起を行えます。デジタルサイネージは広告媒体としてだけでなく、情報発信ツールとしても有効活用できます。

病院や介護施設でデジタルサイネージの導入を検討されている方は、千葉のデジタルサイネージ会社であるホロ株式会社にお任せください。

スタンド型など様々なディスプレイをご用意!千葉のデジタルサイネージ会社

今回は、屋外・複合施設・公共施設でのデジタルサイネージの活用例をご紹介しました。デジタルサイネージは「顔認識」などの機能を使い、ユーザーの特性や季節・トレンドに合わせた情報発信が可能です。ユーザーの顧客満足度を上昇させ、売上アップを目指すこともできます。

千葉のデジタルサイネージ会社であるホロ株式会社は、活用シーンに合わせたデジタルサイネージをご提供いたします。デジタルサイネージの導入なら、ぜひホロ株式会社へご相談ください。

デジタルサイネージ会社を千葉でお探しならホロ株式会社

会社名ホロ株式会社
代表取締役加藤 由樹
事業内容デジタルサイネージソリューション事業
LEDビジョンソリューション事業
販売促進・プロモーション事業
日本伝統文化 職人技術の支援事業
住所〒260-0015 千葉県千葉市中央富士見2丁目7-9
TEL043-305-5799
FacebookHOLO-Corporation
Instagramholo-corporation
URLhttps://horo-corp.co.jp/